相続遺言判決実例集…TOPPAGE


  • 相続遺言判決実例集
  • (最判・昭和30年12月26日民集9巻14号2082頁)
 

TOPPAGE


 相続遺言判決実例集

相続と遺言についての判例実例です。

 

(最判・昭和30年12月26日民集9巻14号2082頁)


 (最判・昭和30年12月26日民集9巻14号2082頁)

「確認の訴は,即時確定の利益がある場合,換言すれば,現に,原告の有する権利または法律的地位に危険または不安が存在し,これを除去するため被告に対し確認判決を得ることが必要かつ適切な場合に限り,許されるものであることはいうまでもない。しかるに,推定相続人は,単に,将来相続開始の際,被相続人の権利義務を包括的に承継すべき期待権を有するだけであって,現在においては,未だ当然には,被相続人の個々の財産に対し権利を有するものではない。それ故単に被相続人たる上告人Xの所有に属する本件不動産について,たとえ被上告人主張の如き売買および登記がなされたとしても,法律上は,未だ現に被」二告人の権利または法律的地位に危険または不安が生じ,確認判決をもってこれを除去するに適する場合であるとはいい難く,その他本件において,被上告人が本件不動産の売買に関し即時確定の利益を有するものとは認められない。……しかし,民法423条による債権者代位権は,債権者がその債権を保全するため債務者の権利を行使し得る権利であり,それは,ひっきょう債権の一種の効力に外ならないのである。しか

 


 

 
相続遺言判決実例集